ぽぼちゃん
<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ただいま

好調で元気よくでかけたが
ちょっと予定がなくなり


なんだか眠くなって
帰ってきた。

ちょっと寝てから動こう。


KIMEたい
by monyapocch | 2009-02-19 16:06
最近

最近ぶーちゃんとの合言葉は

絶好調!

だるいとか、疲れたとか、ぶーぶーいうと
ほんとに体調が悪くなる。

だから毎日
調子は好調と言うのだ。

そしたら
本当に好調だ。

でも昨日は
絶好調!とか言いながら
二人でご飯食べて、疲れて寝てしまったようだ。

餃子を作って食べた。
基本に戻って、シンプルなのをつくった。



今日はほんとに好調。


あと最近は
二人でテレビとか観てて、すぐ泣く。


なんだっけな
感情についての話。
忘れたから、次に。


今日は天気がいい。
決めた予定をきちんとできるようにしよう。


KIME
by monyapocch | 2009-02-19 11:02
夕飯


今日の夕飯は
豚肉のソテーりんごソースだった。

ぶーちゃんがご飯も炊き、
肉も焼いて、ソースも作ってくれた。

おいしかった。

わたしは
お皿洗いと、下ごしらえ。

残念だったのは
豚肉が硬かったのと、付け合せのブロッコリーが苦かった。

おー苦しい。

KIME
by monyapocch | 2009-02-17 18:56
食後

食後に
シフォンケーキを焼いた。

二つ焼いて、
ふたりで一個ずつ抱えて
フォークでほじくって食べた。

洞窟だ、洞窟だ。

贅沢した。


はしゃいで
新しい踊りをしたら
首を少し痛めたようだ。

KIME
by monyapocch | 2009-02-16 20:49
バレンタインだ 中学

中学生の時は
3人の仲間とチョコを手作りしようとして

それでも
それぞれの子のおうちで
チョコとか作ると、お母さんとかに見つかって

なにーチョコつくるのーと、からかわれるんじゃあないかと
思って

じゃあお家じゃつくれないねえってなって

休みの学校に集合して作ることになった。



材料は揃っているが
溶かすお湯とかない。

打ち合わせで、水筒にお湯を持って行くことにした。



学校っていっても、休みだから外。
2月、寒い。

水筒のお湯はぬるい。
寒い。

チョコ溶けない。

そうだ自販機のあったかいの使おう。となり

なぜかコーンポタージュを買いに行った。

しかしぬるい。

まったく溶けず、作らなかった。

そりゃそうだ、どうやって作ろうとしてたんだろう。

中学生ておかしい。

結局誰も作れず、渡しもせず、
寒いテラスでポタージュを飲んで帰った記憶があるな。

おかしいな。

KIME
by monyapocch | 2009-02-15 11:53
バレンタインだ 高校

毎年作ってぶーちゃんにあげていたが
今年は本をあげた。

高校生の時
部活で、みんなにあげるのが毎年の恒例になっていいたので
伝統を受け継ぎ、あげることにした。

友人と二人で、うちに来て
クッキーをつくって。

なんかお菓子つくりとかよくわからなかったのか
オーブンじゃなく、パンを焼くトースターで焼いていた。

うちにガスオーブンあるんだが。

部員は何十人もいて、
小さいトースターでは一回で少ししか焼けなくて
何回も何回も焼いて。

なんと
全員分焼きあがったのは、朝方で
それでもお風呂とか入らずに
大量のクッキーを持ってちゃんと登校した。

すごいねえ。


お返しはひとりしかくれなかった。


そういえば
テスト勉強とか
泊りがけでやったりしたなあ。



KIME
by monyapocch | 2009-02-15 11:43
バケット

ねぼけながら、バケットを半分くらいかじった。

起きてしばらくしたら

口の両サイドが痛い。

かすかに血の味までする。

張り切って食べたようだ。

あの硬いのをやっつけている感覚がいい。

KIME
by monyapocch | 2009-02-12 22:10
むん

ムンキャベツ。
b0152940_21552479.jpg

春キャベツ。


切ったキャベツ、ちょっと前までこんなにムンてならなかったのだが
今回のこのキャベツ、切ってからすぐ
こんなにムンてなっていた。

生命のなんちゃらなのか。

なんだか春。


KIME
by monyapocch | 2009-02-11 21:55
かっちゃんへ

かっちゃん!これだ!
b0152940_21295768.jpg

ホームセンターやドラックストアに売っていたよ。
わたしはマツ○ヨで買ったよ。

キャンペーンで替えもついて、780円くらいだったかな。

ちょっと高いかなあ、ほんとにカビ生えなくなんのかあと
半信半疑だったが・・。

まずは今あるカビをやっつけて、きれいにしてから
お風呂場に置いておく。

前は掃除してきれいになっても、しばらくするとカビがすごかったんだけど
ほんと今はまったくしなくても大丈夫になった。

本当に驚いた。

ぜひおすすめだ!


KIMEろ
by monyapocch | 2009-02-10 21:30
今昔物語 第5巻
ある時、狐と猿と兎がいました。
三匹は、今の自分達が獣となっているのは、生前の行いがよくなかったことの報いだろうと考え、今生では自己の欲望を顧ず、仏道に従って生きようと努めます。

この三匹に気がついた帝釈天は、その心意気を確かめようと、衰弱した老人に変身。

三匹のもとに行き、「老い先短い私を面倒見てくれないか」とお願いします。

三匹は快く引き受け、老人をもてなします。

狐と猿は食料を手に入れてきますが、兎はなかなか難しいことでした。落ち込んだ兎。

それでも何とか老人のためにしたいと考えた兎は、自らの肉体を食料として奉げようと焚き火の中に飛び込みます。
その途端、老人は帝釈天の姿に戻り、焼かれた兎を取り出し、あらゆる者にいつまでも兎の喜捨の精神を伝えようと、月に兎を映し込んだといいます。
そして、月面の雲状の模様は兎が焼けた煙だそうです。こうして月には兎がいるというお話が日本人の心に定着していったのです。

ぶーちゃんに聞かせながら
泣いた。


KIME
by monyapocch | 2009-02-08 19:47